<Furukawa Racingレースレポート> 

2000もてぎチャンピオンカップ・レースシリーズ第5戦   N1耐久スクランブルレース podium 2000年9月30日〜10月1日、栃木県ツインリンク茂木サーキットにおいて Furukawa Racingの年間最大イベントでもあるレースが開催された。 このレースは昨年7月より年2回参戦しているが、現在までの3レース 全てで表彰台にあがっており、昨年秋のレースでは優勝を飾っている。 ドライバーは前回同様「古河宏代表・津々見友彦・小林準一」スタッフ はNIFTYのフォーラムFMOTOR4F有志からなるFurukawa Racingと今年から メンテナンスをお願いしている小林選手が代表の「J−TEC」の合同 部隊。 マシンはEG6シビック、他のエントラントのEK4やEK9 に比べると旧式なのは否めない。クイックチャージや無線まで装備する チームもあるが、そこは確実な整備と経験に基づくレース戦略でカバー あとはドライバーの頑張りで挽回する作戦である。 kobayashi 今回のレースは日曜に予選・決勝が行われるワンディレースだが、土曜 は特別スポーツ走行が行われた。 チーム代表古河は5月以来久々のレース。マシン自体もそれ以来の走行 ということで、午前中は馴らしを兼ねての走行。同時に燃費測定も行い 明日のレースの作戦を練る。 furukawa 午後はプロジェクトμさんに提供して頂いた新品ブレーキパッドの焼き 入れと、ヨコハマタイヤさんに提供のアドバンA048の皮むきを行い 最後に津々見友彦さんがフィーリングチェックを行って一日の走行を締 めくくった。 途中から雨が降り出し、明日の天気が気がかりだ。 <予選> 2000.10.1 tutumi 早朝まで降り続いた雨も走行開始前にはすっかり上がり、予選はドライ で行われた。 予選アタックは津々見友彦選手が担当。 コースレコードの1'39.105をマークするも、#2 MR2がこれを上回る 1'38.757出したため抜かれ、予選2位となった。 ただしMR2は上のクラスであり、我々#23 @niftyワコーズμシビック がクラストップである。  <決勝レポートに続く>