もてぎ ラッテストン 250km


trio

<Furukawa Racingレースレポート> 

「2000もてぎチャンピオンカップ・レースシリーズ第2戦
  N1耐久スクランブルレース」

  ラッテストーンシリーズの名で知られるN1マシンの耐久レース。
Furukawa Racingは昨年も7月と9月にツインリンクもてぎで開催された大会に
出場。それぞれ2位・優勝という好成績を上げている。
  その実績をひっさげて参戦する今年最初のレース。ドライバー体制は古河代表
に加えて津々見友彦選手、小林準一選手の3名体制。津々見選手の経歴は言わず
もがなだが、Furukawa Racingにとって筑波のナイター耐久や昨年のもてぎの耐
久などを一緒に戦って頂き、チームに貴重な経験とノウハウを与えてくれる「心
の師」的存在でもある。
  一方今回初めて一緒に参戦する小林選手。今年Furukawa Racingと共にシビッ
ク東日本シリーズ戦に出場している津布久大輔選手のマシンの面倒を見ている
「JーTEC]というガレージの代表が現在の肩書だが、以前にはシビックイン
ター戦に参戦し優勝経験もある、名うてのシビック使いである。

kobayashi

  エントリーは17台。1600ccを境にクラス分けがなされ、シビックやレ
ビンがメインのAクラスに対し、インプレッサ、MR2,S13が居るBクラス
がある。ポテンシャル的な格差は厳然とあるが、それでもFurukawa Racingは
総合/クラス両方での上位を目指して戦いに挑んだ。

<レースイベント前>
  レースに向けてのテスト走行を前週と前日に実施。まず前週には古河選手がド
ライブ。久々の走行でマシンと選手両方の慣らしから入る。
  そしてレース前日。津々見、小林両選手が合流してのテスト。ブレーキパッド
の慣らしやFurukawa Racingのマシン「@niftyワコーズ゙μシビック」号を
初めてドライブする小林選手のフィーリングチェック、レースタイヤの皮むきを
行いレースに備える。ドライバー3名をアシストするのは芳賀/寺田メカニック
と関口/関根のクルーである。
  この時点で最大の悩みは当日の天候であった。天気予報では土曜夜から日曜の
午前にかけて雨。午後は曇りだが降雨確率は高い。昨年7月の大会ではレース途
中からの降雨が幸いしたが、雨のレースが嬉しい訳ではない。何より残り少ない
レインタイヤが気になる。

<レース当日>
  雨雲は朝のうちに去り、午後には晴れ間も出るとの予報にはひと安心。ただし
今度は蒸し暑さとも戦う事になり、マシンも選手もピットクルーにも厳しいレー
スが予想された。

  予選の時間は僅か10分間。5周程度のチャンスしか無い中で@nifty号
は計測開始直後から2〜3位の間を行き来し、ラスト1周のアタックでフロント
ロウを確保した。トップは昨年来順位を争う間柄の#14インプレッサ。2列目
以降に並ぶマシンとの差は予想外に少なく決勝ではタイトな戦いが予想された。

  決勝を前にチームではドライブ順や周回数の配分などを打ち合わせる。
予選で見せた「1発」の速さは勿論武器ではあるが、決勝を制するのはドライバ
ーとクルーを含めた総合力である。このシリーズでは最低2回のピットイン、う
ち1回は給油作業が義務づけられ、その時は1分間停止していなければならない。
1分間は全ての作業が順調なら余裕があっても、何か一つ手順を誤ればリカバリー
する程の余地がない微妙な時間だ。加えてもう1回のストップには停止義務時間
は無く、ここでのロスはモロにレースに響く。予選終了から決勝スタートまで約
4時間と余裕のある様に見えるインターバルだが、そうした作戦立案やピット作
業の練習、予定外の高温多湿状態にドライバーのドリンクボトルの準備など、や
らねばならないことは多い。

  決勝でのFurukawa Racing走行順はスタートが小林選手、2番手古河選手、アン
カー津々見選手。小林選手はピット作業の為のマージンを稼ぎ出し、津々見選手
は終盤の順位争いを制し、間を繋ぐ古河選手には中盤戦における順位の確保とマ
シンコンディションの維持(ガスが減り軽くなったマシンでタイムを出しつつも
終盤の為にタイヤやブレーキを温存する)が要求される。そして前日までのテス
トで確認した各ドライバーのラップタイムのバラつきの少なさと迅速なピット作
業で終盤に勝負をかけられるポジションに居る事が勝機を呼ぶ筈なのだ。

  決勝は15時スタート。2番グリッドから飛び出した小林選手はその位置を
キープ。追い上げる#1MR2と順位を入れ換えながらも、2周目から既にその
ラップタイムがほとんどバラつくことが無い。しかし基礎体力に勝る#14イン
プレッサは2位争いを尻目にじりじりとギャップを築いて行く。
  ようやく6周目辺りから#1MR2を3位に追いやり、サインガードに陣取っ
た芳賀/関根からはトップとの差が掲示され追い上げ体制が取られる。期待に応
えて小林選手がギャップを詰めるとトップが突き放す、そして3位MR2も追い
上げてこそ来ないが離されもしない緊迫した展開が続く。

  35周目に予定通りピットイン。既にこの間にトップ#14、3位#1ともに
ピットインを済ませこの時点では暫定1位。更にドライバー交代した#14は
ラップタイムがガクンと落ち中団に沈んだままとなっている。#1も浮上に手間
取り2番手は既に1度目のピットインを済ませている#44EK9となる。
  最初のピットインは古河選手へのドライバー交代のみで素早くスタート。丁度
ストレートを駆け降りて来た#44と、ピットアウトした古河選手が交錯する形
となり、ストレートエンドまでに#44がトップを奪う。
  #44のEK9は第2ドライバーのペースが速く、次第に古河選手を引き離す。
一方後続では#1のMR2が再び浮上するも2位を脅かす速さは無い。後半戦に
向けて#23@nifty号/EG6対#44/EK9というトップ争いの図式
が鮮明になる。
  終盤での勝負の為にコンディションを維持するという役割を果たしつつも次第
にトップとの差が開く苦しい戦いを続ける古河選手。更にバックマーカーがコー
ス全体に散った状況がラップタイムにも影響する。ライトを点灯してバックマー
カーを蹴散らしながら追走する古河選手が予定のスティントを終えピットインし
た時点でトップ#44との差は40秒程度に広がっていた。
 
   Furukawa Racingのアンカーは津々見選手。ここで給油を行い規定通り1分間
のストップを行う。給油担当が芳賀/寺田両メカ、消火器が小林選手、ストップ
&ゴーの指示が関根、タイムキーパー関口のカウント・ダウンに対し、何度も練
習をした給油は余裕を持って終わり、1分が過ぎるのを待ちかねた様に津々見選
手はピットアウトして行った。この時点で残り27周。
  この直後にトップを行く#44EK9も給油にピットイン、同じく規定通りに
1分でピットアウトして行く。残り22周の時点でトップ#44と2位津々見選
手との差は43秒。簡単に詰まる差ではないが、最後まで何が起きるか判らない
のがレース。事実津々見選手は毎ラップ相手のマージンを削り取ってコントロー
ルラインに戻って来る。残り15周で37秒差。さらに秒単位でギャップを削り
取るその走りにピットも熱くなる。

tsutsumi

  ところが残り6周となった69周目、その「何か」がトップに起きた。27秒
にまで詰まっていたギャップが24秒差に、更に18秒差にと大きく崩れだした。
残り4周でついに10秒を切り、更に5秒差で残り3周。ピットでは予想外の展
開に騒然となる。#44は燃料がぎりぎりとなった模様で、ピットではスプラッ
シュ&ゴーの準備まで始まる。
  しかしここでトップは踏みとどまり、ラスト2周を逃げ切りった。75周目の
チェッカーフラッグを受けた時、津々見選手と@nifty号は僅か2.8秒差
にまでトップを追い詰めていた。
  サインガードに上がって津々見選手を迎えたクルーもここでようやく張りつめ
た緊張を解き、今日一番の笑顔を見せてレースが終わった。

<N1耐久スクランブル250キロレース結果(抜粋)>
   No.                 車名                           Time/Behind 
 
1 44 A  EK9  明和Axisシビック                     75 Lap
2 23 A  EG6  @niftyワコーズμシビック             2.867
3  1 B  SW20 RSティノFINAコミネMR2               50.481
4 27 A  EK9  デイジーアートシビック             1'18.642 
5 50 A  EK9  アップルフォーミュラランドシビック 1'48.227
6 28 A  EG6  PSC湘南スノコAxisEG6                 1 Lap
                        ・
                        ・
出走17台  完走16台


podium