全日本GT選手権 第5戦


Furukawa Racing 全日本GT選手権 第5戦レポート

9/9(土) 予選

予選は1'28.403でクラストップ!(総合21位)
前回の富士同様、青木孝行が猛烈なアタックでGT300ポールを獲得。
1'35.469のタイムは2位をコンマ6秒以上離している。

9/10(日) 決勝

今回のスタートは青木孝行。
スタート直後から好調、2位以下を引き離す。
今回のレースは残暑が厳しく、各チームともタイヤにトラブルが続出!
GT500、GT300クラスを問わず、スピン・クラッシュ続出!

ダイシンシルビアもタイヤの負担は例外ではなく、長めのドライブで
後続を引き離して大八木選手に交代する予定が、910ナインテンポルシェ
に追いつかれ、ついには抜かれてしまう。
さらにはマシンの挙動が不安定になり、痛恨のスピン!
タイヤ交換するため緊急ピットイン!
ここで予定より早めに給油とドライバー交代を行った。
大八木選手がトップを追ったが敵わず、そのまま2位でチェッカー。

ポイントランキングトップの26タイサンGT3Rがクラス7位に終わった為
シリーズポイントでは910ナインテンポルシェがトップとなった。
ダイシンシルビアは5点差の2位。 残り2戦、全力で今シーズンの
初勝利を目指すと共に、シリーズチャンピオンを狙っていきます。


aoki
  (写真は第4戦です)