全日本GT選手権 第4戦

場所:富士スピードウェイ

aoki

8/5 予選 8/3の合同テスト、8/4の練習走行とも好調だった青木孝行と ダイシン・シルビア。 これまで予選3位以内のマシンに課せられるウェイトハンデ を嫌い4位狙いだったが、今回からは後半戦に向け作戦変更 クラストップを積極的に狙っていく。 午前中、先ず青木がアタック早々にトップタイムを1'33.767 をマークし、2位以下を大きく引き離す。 2位にはコンマ7秒差、3位以下は35秒台だ。 午後も青木がアタック、多少曇って路面温度が下がった事も あり、更にタイムを縮め1'33.497をマークして、GT300クラス のポールを獲得。 予選2位は28イクリプスRDタイサンGT3Rでコンマ8秒の大差 ポイントランキングトップの26シェルタイサンアドバンGT3R は7番手に沈んでおり、ポイント差を詰めるチャンス! 明日の決勝は当然優勝を狙う。 aoki

8/6 決勝(決勝14:30スタート) 決勝スタートは14:30 多少気温は下がったとはいえ、真夏の 太陽が容赦なく照りつけ、気温34度、路面温度は50度を 越え、マシン、ドライバーに厳しいレースとなった。 スタートは大八木選手が担当、スタート直後はトップを守って いたが、3周目にシフトが抜けるというトラブルが出て、5位 に後退する。しかしすぐに3位に上がりトップ争いを展開。 トップとの差は小さく十分挽回可能な位置につけていた。 途中、事故処理のためのペースカーランを挟み23周目にピット インして青木孝行と交代、追い上げを開始する。 この時点で他のGT300チームは未だピット作業を終えていない。 ところが、ここでハプニング発生! 車両火災を起こした車両 を排除するために再びペースカーが入ってしまう。 ここで各チームはタイミング良くピット作業を終える。 この混乱でダイシンシルビアは4位まで順位を落とす。 逆にトップの28イクリプスRDタイサンGT3Rは最高のタイミング でピットインしたことにより、2位以下を1周近く引き離した。 ペースカーがピットに入りレース再開! ダイシンシルビアの青木孝行はハイペースを維持して追い上げ 33周目には2位となる。 更にトップを追い続けるが、惜しくも届かず55周でチェッカー クラス2位となった。 シリーズポイントはランキング2位に浮上! 次戦は9月10日岡山県TIサーキット。応援宜しくお願いします。 aoki