全日本GT選手権 第2戦


aoki

FurukawaRacing 全日本GT選手権 第2戦レポート 5/3(水) 予選 今回予選アタックは大八木選手が担当、1'34.521でクラス9位 (総合31位)となった。 クラストップの26ポルシェGT3Rとの差は約1秒と大きいが、 富士は長いストレートを生かしてオーバーテイクが可能であり、 決勝での追い上げが期待される。

aoki


4/4(木) 決勝

スタートは大八木選手。
ローリングスタート直後から、予選上位の数台と激しく競り合い、
10周目には5位にまで順位を上げる。
7RX−7に抜き返され、6位に後退するも、僅差を保ったまま
早めのピットイン。素早い給油作業とともに青木と交代。

青木はコンスタントなペースで上位との差を詰め、全車が交代を
すませた段階で4位となる。
3位走行の77インプレッサとの差は大きかったが、じわじわと差
をつめる。50周目頃、遂に射程距離に。
2周に渡るサイドバイサイドの攻防の末、遂に3位となった後も
常に1秒以内の気を抜けない状態が続く。
しかし青木はミス無く後方を押さえ、クラス3位表彰台となった。

silvia

次戦は5/28菅生です。 今回の3位入賞による10kgを加え、ウェイトハンデは20kgとなり ますが、ランキングトップの26ポルシェGT3Rは90kg! また、このサーキットはポルシェ勢が不得意とする場所でもあり 再び上位入賞が期待されます。

aoki

aoki