全日本GT選手権 第1戦


aoki

FurukawaRacing 全日本GT選手権 第1戦レポート 4/1(土) 予選 FurukawaRacingがサポートを続けてきた青木孝行が、今年はダイシン チームに加わりGT300にダイシン・シルビアで出場することに なった。青木にとっては98年にNISMOのシルビアに近藤真彦と組んで 出場して以来のGT選手権復帰である。 コンビを組むのはダイシンのオーナー大八木信行選手。 この同じく組み合わせで3/19美祢スーパー耐久開幕戦にスカイライン GT−Rで出場、見事優勝を飾っている。 GT300には強敵ポルシェ993GT3Rが居る。昨年はタイサンの1台 だけでああったが、今回は3台・・・今後も増える予定である。 また国産勢もトヨタMR−Sなど新型車の参戦があり群雄割拠状態。 厳しい一年となりそうだ。 予選1回目は1'58.433でGT300クラス5位。 アタッカーは青木が勤めた。 トップの910ポルシェはシェイクダウンながら1'57.280のコース レコードであった。 予選2回目、アタッカーは今回も青木。 早々に好タイムをマークし、トップに立つ。 最終的には1'57.369をマークし、大八木選手に交代。 しかしやはりポルシェは速く、タイサンとナインテンの2台がコース レコードをマークし、ダイシンシルビアは3位となった。 ポールタイムは1'56.733

26 シェルタイサンアドバンGT3R 松田/福山 910 ナインテンアドバンポルシェ 余郷/和田 81 ダイシンシルビア 大八木/青木

とりあえず予定のタイムは出たが、GTにはウエイトハンデという
ルールがあり、予選・決勝・決勝ベストタイムの上位者には次戦
からウェイトが乗せられる。
今回予選3位までの3車には次戦5/4富士からは+10kgが此の時点
で確定した。たかが10kgだが、予選で与えられたハンデはシーズン
終了まで降ろすことが出来ないので、ウェイトの増えた後半戦の
戦いには微妙な影響を与える。




4/2(日) 決勝

スタートは大八木選手、GT選手権はペースカー先導のローリング
からスタートする。
GT500クラスに続き、GT300クラス13台もスタート。

序盤、トップ2台のポルシェGT3Rが逃げ、それ以下はダイシン
シルビアが先頭で激しい3位争いを展開。
混戦の中、RX−7とセリカに先行を許し、5位にドロップ。
ダイシンはマイナートラブルを抱えていたようだ。

この後、クラッシュしたマシンを排除するために、ペースカーが
入り、前後の差が詰まって更に混戦となる。

再スタート後、ダイシンシルビアは7位前後を走っていたが、早め
のピットイン! 青木孝行に交代、追い上げを開始する。
デットヒートの末、4位までポジションアップ、しかしピットイン
で遅れて後方から追い上げてきたナインテンに強引にかわされ、
5位にドロップ。
その後も積極的に追い上げるが届かず、クラス5位(総合21位)
でレースを終えた。

silvia

次戦は5/4富士スピードウェイです。